日焼けをしたらその後のケアを忘れずに

皆さんの中で、暑い夏の時期に、ついうっかり日焼けしてしまったという人はいますか。
日焼けをすることは、女性にとって美白の妨げになるし、肌の老化を促進してしまいます。
なぜなら、紫外線によって肌が日焼けして、たるみ、シミしわの原因になるからです。
ここでは、ついつい紫外線を浴びてしまった方へ、お肌の老化を防ぐ美白ケアの方法をお教えします。

 

アロエやビタミンCを含む食品が有効です

まず、日焼けをしたらそのまま放置は絶対にいけません。
日焼けはやけどだからです。美白ケアの方法として、そのやけどの状態を防止する必要があります。
やけどを防ぐには、アロエを貼ってケアすることです。
アロエは、やけどや日焼け後の炎症を抑えるものとして知られています。アロエ植物を育てている場合は、葉の部分を少し切り落として、皮を薄く剥き、中のゲル状のものを新鮮なうちに日焼けした肌に塗るようにしましょう。
アロエを栽培していない方は、代用品として薄切りのきゅうりを薄くスライスして肌のパックに使用してもいいでしょう。
それと、食べ物で体の内側から美白ケアすることもできます。
おすすめの食品は、ビタミンCが豊富に含まれるレモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモです。参考にしてください。

 

日頃から紫外線を浴びないようにしましょう

皆さんは、美白ケアとして何を行っていますか。
一番、美白を維持するために気をつけることは、紫外線対策です。紫外線に当たるとお肌は日に焼けて黒くなるし、シミやしわの原因になってしまいます。
けれども、ついうっかり紫外線対策を怠り、日に当たってしまったという経験がある人はいませんか。
ここでは、紫外線に長時間当たってしまったときの美白ケア法を紹介します。 まず日に当たったら、とにかく冷やすことが大事です。全身日焼けした場合は冷たいシャワーを何度か浴びます。
腕や顔などの局所的な場合、ロックアイスのパックを買ってきてタオルにくるんで日焼けした部分におきましょう。しばらく冷やしてお肌のほてりが収まったら、水分を補給します。なぜならば、お肌は日に焼けてカラカラだからです。この時のポイントは、刺激の少ない化粧水をたっぷり補給してあげることです。
そして、軽い乳液で保湿してください。この時に気をつけることは、ワセリンやボディーバターなど、油分の多いものは避けるようにしてください。なぜなら油分の多いものを塗ると、肌の熱が放出されず、熱を保ったままになってしまうからです。
結果、肌の内部で炎症を引き起こす可能性がありますので気をつけてください。メラニン合成について・・医薬基盤研究所

 

しみのない白いきれいな肌は、多くの女性の憧れです。
美白になりたいと願っている女性の多くは、美白のスキンケアを心がけているようです。紫外線などの影響でダメージを受けた肌には、皮膚表面からの美白ケアは欠かせません。
「美白」のために出来ることは、紫外線を防止するという自分のはだ質に合った「日焼け止めクリーム」を塗ることが大切です。化粧水で肌を整えて、日焼け止めクリームを塗り、日焼け止め効果のあるファンデーションを塗り、最後はパウダーで仕上げます。鼻や頬などの高い部分は、日焼け止めクリームを重ね付けするという事も重要です。
 

日焼け止めクリームの「指数」にも注目してください

「美白」のためにはまず紫外線をなるべく受けないで生活する事を心がけます。
紫外線は、「日焼けしてしまう」というばかりか、お肌にさまざまな悪影響を及ぼします。
シミ、シワ、を増加させて老化を早めてしまう原因となるのです。
そのために、日傘をさして、帽子をかぶって生活します。バリア機能を低下させないためには、洗顔の時に洗いすぎない事、充分な睡眠、ストレスをためない事など気を付けなければならない事がたくさんありますが、「日焼け止めクリーム」を忘れてはなりません。
「日焼け止めクリーム」によく記されている「SPF」とは「UVB」を防ぐ目安として用いられる指数で、肌の表面が赤くなって腫れてしまったり、水ぶくれになってしまうサンバーンを防ぎます。
「PA」というのは、「UVB」による肌へのダメージをどのくらい防ぐ事が出来るのか程度を示す指標です。コラーゲンを破壊して2、3日かけてゆっくり日焼けします。
「SPF」とは、日焼けによるやけどを防ぎ、美白を目指すのであれば、気を付けなくてはならないのが、「PA」の値です。「SPF」が高いと、効果があると思いがちになりますが、光老化の主な原因である「UVB」を防ぐ効果を表す「PA」の表示が大切です。

 

サプリメントの服用もあわせてみてください

紫外線対策にプラスして内側からケアができるサプリメントも注目されています。
外側からは浸透させることができない成分を、体の中から肌へ届けてスキンケアでは届かないところにまで美白対策ができるのです。美白用のサプリメントは、数多く出回っていますが、欠かせないのはビタミンCなどのビタミン類とミネラルです。
サプリメントには1粒あたりや1日あたりの含有量が記載されているため、メーカーごとに比較して選ぶ事がおすすめです。また商品ごとに成分にちがいがあり、ハーブやロイヤルゼリーなどが配合されているサプリメントも販売されています。
これらの内容を確認して、自分にあったサプリメントをを選ぶようにします。
またサプリメントは、すぐに効果がでるものではないので、気長に続けていく事が大切であり、長く続けるためには、自分の負担にならない金額のものを選ぶことも重要です。また摂取する際には、健康被害を避けるためにも、用法・用量は必ず守りましょう。

 
白い肌を目指している女性の間では、美白のスキンケアはもちろんのことビタミン剤も注目されています。
美白に効果があるビタミン剤として、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。ビタミンCが美白に効果があることは、美容に興味のある多くの女性に知られており、販売されているシミに効く化粧品にも配合されている、欠かせない成分です。ビタミンCはシミの原因となるメラニンや活性酸素の生成を抑えたり、組織や組織の修復、また肌のハリをたもつコラーゲンの生成を助ける効果があります。
実は、このビタミンCをビタミンEと一緒にとることで、よりシミの改善に効果が出るといわれています。
ビタミンEには、血行を良くして肌の代謝を高め、今あるメラニンを除去して肌の酸化を抑える効果があるのです。そのためビタミンC単体で摂取するよりも、ビタミンEの摂取もしたり、この2つ以外にも色々な成分がふくまれている、美白用のサプリメントにすることも効果的です。
しかし、ビタミンEは脂溶性のビタミンなので1日600mgと摂取量が決まっている為、過剰摂取に注意が必要です。また薬などもそうですが、お茶などで飲む事で、吸収しにくくなる可能性がある為必ず水で飲む事をおすすめします。